林檎舎ニュース

投稿日:2016/06/20(最終更新:2016/06/21)

造幣局職員の梅野穣容疑者を逮捕、重さ15キロの「金塊」盗み換金の疑い「FX取引の損失補てん」

造幣局職員の梅野穣容疑者を逮捕、重さ15キロの「金塊」盗み換金の疑い「FX取引の損失補てん」

東京・豊島区にある造幣局の博物館で展示されていた6380万円相当の金塊を盗んだとして、独立行政法人造幣局東京支局の職員で広報活動など担当していた職員・梅野穣容疑者(54)が逮捕されました。

梅野容疑者は容疑を認め、「FX取引での損失を補てんするために盗んだ。金塊は質屋に売った」と供述しているという。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、独立行政法人造幣局東京支局の職員・梅野穣【うめの ゆたか】容疑者(54)

警察の調べによりますと、梅野容疑者は、ことし1月5日、東京・豊島区東池袋にある「造幣東京博物館」で、一般公開用に展示されていた時価・6384万円相当の金塊を盗んだとして、窃盗の疑いが持たれています。

金塊は、縦20センチ・横10センチ・高さ6センチ・重さ約15キロ。梅野容疑者は、造幣局の部下に「仕事の一環で金塊を使うので、ケースを外してほしい」と持ちかけ、そのまま金塊を持ち出したということです。

このあとケースの中には、博物館が所有していた金塊のレプリカが置かれていて、造幣局では6月に入って金塊が無くなっていることが発覚した。連絡を受けた警察が金塊を最後に持ち出したという梅野容疑者に事情を聞いたところ、容疑を認め逮捕となりました。

梅野容疑者は、さいたま市の質店で金塊を現金に換えていて、警察の調べに対し「外貨を売買するFX取引の損失を補填するため盗んだ」と供述しているということで、警察がいきさつを調べています。

現場では上司の許可を得ているか確認していなかったということで、造幣局東京支局では管理体制が不十分だったとして、チェック体制を強化するとしています。
造幣局東京支局は、博物館での金塊と銀塊の展示を当面取りやめるほか、ほかの展示品が盗まれていないかも調査することにしています。

【造幣局職員 博物館金塊窃盗か】職員が逮捕されたことを受けて、造幣局東京支局は20日午後会見し謝罪しました。博物館での金塊と銀塊の展示を当面取りやめるほか、ほかの展示品が盗まれていないかも調査することにしています。

15キロの金塊窃盗事件、ネットでも衝撃広がる

これで250kgの金塊。触れるようになってるけど、爪で削り取る事すら不可能。
質屋営業法22条(盗品及び遺失物の回復)からすると、質屋は造幣局に無償で金塊を返す必要がありそう・・。
官僚が金塊を盗むって話を見てどう見たってバレるのになんで、やるんだろう?ってのから、
なんで後々バレるのに女の家に浸入とかしたんだろう?この前の変態は似たような感じな気がする
これ逮捕まで半年も間があるので、金塊を質に入れた金でもうひと勝負して、勝ったら金塊を取り戻してこっそり戻すっていうかすかな望みがあったんだろうなあ
15キロの金塊持ち込まれた質屋さんは不思議に思わなかったのかしら?
あと、盗み出すのも持っていくのも大変そうだ。
6380万円分の金塊盗んだ理由がFXでの破産とか…そんな様になるまで投資する時点で最早才能がないわな
梅野穣容疑者が15キロの金塊を盗み、質店で換金していた窃盗事件。犯行理由が「FX取引の損失を補てんするため」だったことや、被害金額が約6380万円という凄まじい金額だったこともあり、ネットでも注目を集めた事件でした。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top