林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/03

南太平洋「バヌアツ諸島」付近でM6.9の地震発生:津波の日本到達は調査中と発表

南太平洋「バヌアツ諸島」付近でM6.9の地震発生:津波の日本到達は調査中と発表

日本時間の4月3日午後5時23分頃、南太平洋のバヌアツ諸島の沖合でマグニチュード6.9の地震が発生しました。震源地はバヌアツの首都ポートビラの北北西400キロ地点・震源の深さはおよそ35キロと発表されています。

ハワイの太平洋津波警報センターでは震源地から300キロの範囲に津波が到達するおそれがあるとして警戒を呼びかけていましたが、6時10分過ぎに津波の心配はないとの発表がありました。

このバヌアツ諸島沖の地震で、日本への津波の影響があるかどうかを気象庁が調査しています。

3日17時24分頃、南太平洋(バヌアツ諸島)でM7.2の大きな地震がありました。震源の近傍で津波発生の可能性があります。日本への津波の有無については現在調査中です。
気象庁によりますと、この地震で震源付近では津波が発生する可能性があるということです。
南太平洋バヌアツ諸島付近でM7.2の地震 | NHKニュース

南太平洋バヌアツ諸島付近でM6.9の地震

 アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の3日午後5時23分ごろ、南太平洋の島国バヌアツの沖合でマグニチュード6.9の地震がありました。震源地は、バヌアツの首都ポートビラの北北西およそ400キロで、震源の深さはおよそ35キロとみられています。

 ハワイにある太平洋津波警報センターは、震源から300キロの範囲で被害を及ぼすような津波が到達するおそれがあるとして、一時、バヌアツに対して注意を呼びかけましたが、日本時間の3日午後6時10分すぎ、津波のおそれはおおむねなくなったとして、呼びかけを解除しました。ただ、センターは、今後数時間にわたり、最大で30センチの潮位変化の可能性はあるとしています。

 また、ロイター通信によりますと、この地震による被害は、これまでのところ確認されていないということです。

 気象庁は日本への津波の影響があるかどうか調査しています。

【参照】NHKニュースウェブ

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top