林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/29

若宮啓文さんが中国北京のホテルで死亡:元朝日新聞主筆で数々の反日発言 書籍が波紋を呼んだ人物が急死

若宮啓文さんが中国北京のホテルで死亡:元朝日新聞主筆で数々の反日発言 書籍が波紋を呼んだ人物が急死

朝日新聞で2002年~08年に論説主幹・2011年~13年には主筆を務めた若宮啓文(わかみや よしぶみ)さん(68)が2016年4月28日、訪問先の中国・北京市内のホテルで死亡しているのが発見された。現地警察の調べでは外傷などは見つかっておらず病死とみられていますが、現時点では詳しい死因などは明らかになっていません。

若宮さんの突然の死に驚きの声が上がる一方で、反日的な言論が多かった為か、SNS上には厳しい意見も含めた様々な意見が投稿されています。

【元朝日主筆 若宮啓文さん死去】元朝日新聞主筆の若宮啓文さんが訪問先の北京市内で亡くなった。68歳だった。病死とみられる。
朝日新聞元主筆・若宮啓文氏が亡くなった。韓国中国が異様に好きな人だったが北京のホテルで急死とは驚いた。私は彼から「本に書いたことを訂正謝罪しないと訴えるぞ。返信しろ」という内容証明付郵便を貰ったことがある。出版社はどうしようと言ったが、私は「無視」と言った。結局訴えられなかった。
若宮啓文さん時代の朝日の論説、普通になったと一瞬思ったら、やっぱり左旋回した。彼も友好をまず訴えた。百田尚樹さんが、カエルの楽園で、占領された場所を「友好草むらと名付けましょう」って彼をからかった物だろう。高校の先輩でもありご冥福お祈りしたいが、戦後民主主義のおかしさもかんじた
若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去:朝日新聞デジタル➡︎不謹慎かもしれんけど、地獄行きやな。それぐらいこいつは日本に害を及ぼした💢 http://www.
若宮啓文・元朝日新聞主筆が死去:朝日新聞デジタル
これ絶対に友愛だよね?!

戦後70年 保守のアジア観 (朝日選書)
若宮啓文
朝日新聞出版 (2014-12-10)
売り上げランキング: 93,962

元朝日新聞主筆、若宮啓文氏が死去…68歳

 朝日新聞社で論説主幹や主筆を歴任した、若宮啓文(わかみや・よしぶみ)氏が28日、訪問先の北京市内で亡くなった。68歳だった。

 病死とみられる。

 シニア・フェローを務めている公益財団法人・日本国際交流センター(東京)によると、若宮氏は28、29日に北京で開かれる日中韓3か国のシンポジウムに出席するため、27日から北京を訪問。28日、同センター職員との約束の時間に現れなかったため、ホテルの部屋を確認したところ、浴室で倒れていた。外傷などはなかったという。若宮氏は27日夜から体の不調を訴えていた。

 若宮氏は東京都生まれ。1970年、朝日新聞社に入社。75年に政治部に配属され、長く政治、外交などの取材を行った。2002~08年に論説主幹、11~13年に主筆を務めた。

【参照】ヤフーニュース

繰り返された反日発言には批難集まる:詳しい死因などは明らかにされず

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top