林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/31

和歌山発砲立てこもり事件で犯人 溝畑泰秀容疑者の身柄確保、拳銃で腹を打ち自殺図ったか

和歌山発砲立てこもり事件で犯人 溝畑泰秀容疑者の身柄確保、拳銃で腹を打ち自殺図ったか

和歌山県和歌山市塩屋1丁目の和大興業でおきた拳銃発砲・殺人事件の容疑者として全国指名手配されていた溝畑泰秀容疑者が、8月31日の午前1時頃から現場近くのアパートの廊下などで立てこもっていたが、午後6時40分頃、溝畑容疑者の身柄を確保したと速報が出された。溝畑容疑者は拳銃で自分の腹を打ち、自殺を図ったとみられています。

事件が動いたのは同日午後6時40分頃。銃声が1発聞こえたあと、警察官が一斉に現場へ突入し溝畑容疑者の身柄を確保。現在までにわかっている情報では、溝畑容疑者が持っていた拳銃で自分の腹を打ち、自殺を図ったとみられている。10分後の6時50分頃、現場にブルーシートが張られ、到着した救急車で搬送されたとみられている。

溝畑容疑者の生死や容体について、詳しいことはわかっていないが、警察は病院に搬送して詳しく調べることにしています。

和歌山立てこもり事件の概要

29日、和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」で男性従業員4人が拳銃で撃たれ、石山純副さん(45)が死亡し、1人が意識不明の重体、2人が大けがを負った拳銃発砲・殺人事件。

警察は、和大興業の経営者(社長)の次男で以前この会社で働いていた溝畑泰秀容疑者(45)の逮捕状を取り、殺人などの疑いで全国に指名手配し行方を追っていた。

30日午後9時過ぎに現場付近で目撃されたあと、駆け付けた捜査員を威嚇し駆けつけたパトカーに向けて拳銃を4発発砲し、31日午前1時過ぎからは現場近くのアパートの廊下などに1人で立てこもりを続けていた。

犯人確保に安堵の声…ツイッターの反応

31日午後7時前、犯人の溝畑容疑者が自殺を図ったとみられ、その後身柄を確保されました。ニュースでも速報が出され、安堵の声が聞かれます。


関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top