林檎舎ニュース

投稿日:2016/08/29(最終更新:2016/08/31)

和歌山市塩屋 和大興業の発砲殺人事件で4人死傷、犯人の社長の息子が拳銃持ち逃走中

和歌山市塩屋 和大興業の発砲殺人事件で4人死傷、犯人の社長の息子が拳銃持ち逃走中

和歌山県和歌山市塩屋の建設会社「和大興業」で8月29日の午前9時頃、和大興業の男性従業員4人が拳銃で撃たれて1人が死亡、3人が重傷を負う発砲殺人事件が起きた。警察は殺人容疑に切り替え、同社社長の次男で45歳の男を重要参考人として行方を追っている。犯人は午後3時現在も逃走を続けている。

この和歌山市塩屋の発砲事件は、29日午前9時前、和歌山市塩屋1丁目にある建設会社「和大興業」にて、犯人で社長の次男と拳銃で撃たれた男性従業員4人の合計5人で話し合いをしている最中に起きたという。

4人は病院へ搬送され手当てを受けたが、従業員の石山純副さん(45)の死亡が確認された。ほかの3人(43、44、46歳)の従業員が腹部などを撃たれて重傷と報じられているが、詳しい容態などはわかっていない。

撃たれた人の話では、話し合いの最中に突然拳銃を出し発砲したとのことで、現場となった社内には数発分の薬莢(やっきょう)が落ちており、連続して銃弾を発射したとみられている。

県警は同日午後3時現在も逃走中の犯人は拳銃に銃弾が残っている可能性もあるとみて、防犯メールなどを通じて住民らに注意を呼びかけた。

和大興業の所在地・会社概要

発砲事件が起きた土木建築会社「和大興業」は、JR和歌山駅から南西に約3キロ・JR紀勢線宮前駅の南西に約1・4キロの住宅街の一角。離れた住宅街の一角にある。近くには商店やマンションなどが立ち並ぶほか、病院や幼稚園・小学校などが周辺にある。法人登記簿によると、和大興業は1979年設立。2008年に和歌山市内の別の場所から今の和歌山市塩屋に本店を移転した。和大興業の前の名称は溝端組という情報も入っている。

代表者は溝畑順子で、本社住所は和歌山県和歌山市塩屋1丁目2−19。

拳銃で撃たれた被害者は4人

撃たれた男性のうち1人の話では「朝から会社で話し合いをしている最中、(社長の息子が)鞄の中から拳銃を出して撃ってきた」などと説明しており、事件当時、犯人を含めた5人で行われていた話し合いの最中にトラブルになり、発砲したという見方が強い。

警察によると、撃たれた4人のうち、従業員の石山純副(じゅんすけ)さん(45)が腹部を撃たれて死亡。このほかに43歳、44歳、46歳の従業員3人が腹部などを撃たれて重傷を負ったという。

和大興業の発砲殺人事件・被害者情報

犯人は45歳の社長の息子

和大興業の社長の息子で次男の男(45)が発砲し、拳銃を所持したまま逃走している。警察は容疑を殺人事件に切り替え、重要参考人として行方を追っている。

事件発生時の犯人(社長の息子)の服装は上下黒の服を着ていたという。

この発砲事件を受けて、和歌山市は市内にある42の自治会の代表者らに電話で連絡を取り、男が拳銃のようなものを持ったまま逃走していることを伝えたうえで、外出を控えるよう住民に呼びかけたり、地域の見守りなどを担当する「地域安全推進員」に注意喚起をしたりするよう要請した。

また、和歌山県警から事件の連絡を受けた県教委は、各学校などに児童や生徒への注意喚起と安全確保を要請した。和歌山市教委は、市内の幼稚園・保育園と小中学校の関係者や保護者約2万2000人が加入する一斉メールで注意を呼びかけた。


和歌山発砲事件・ツイッターの反応

29日朝に和歌山市塩屋で起きた発砲事件の犯人は依然として逃走しており、周辺住民からは不安の声があがっている。

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top