林檎舎ニュース

投稿日:2016/05/20(最終更新:2016/05/23)

福岡県柳川市「やまと学校」119期訓練生の水城佑理さんが衝突死…国内唯一のプロ競艇選手の養成学校で模擬レース中に事故

福岡県柳川市「やまと学校」119期訓練生の水城佑理さんが衝突死…国内唯一のプロ競艇選手の養成学校で模擬レース中に事故

5月19日午前10時35分頃、福岡県柳川市の日本で唯一のボートレーサー養成機関「やまと学校」でプロ競艇選手を目指していた119期の女性訓練生・水城佑理さん(19)が模擬レース中の事故で死亡したと明らかになりました。模擬レースではボート同士の衝突で水面に投げ出され、病院に搬送されたが約8時間後に死亡が確認されました。

死亡した水城佑理さんは2016年4月2日に放送されたばかりの「Qちゃんに見せたい!厳しい世界~やまと学校第119期~」(テレビ朝日)にも出演しており、厳しいボートレーサー養成学校の様子が話題となりました。

やまと学校で訓練中の水城佑理さん:テレビ特集の様子 1
やまと学校で訓練中の水城佑理さん:テレビ特集の様子 2
やまと学校で訓練中の水城佑理さん:テレビ特集の様子 3
やまと学校で訓練中の水城佑理さん:テレビ特集の様子 4
やまと学校の事故で亡くなった水城佑理さん、119期生で29人中1位の成績だったなんて…
ボートレーサー訓練生が衝突死 福岡の養成学校
やまと学校の死亡事故。本当にびっくりしています。
さらにやまとの119期といえば、先日テレ朝の特番で特集されたばかりだけに大変な衝撃を受けています。レース中の事故死は当然のことだけど、選手養成中の事故も0になるよう祈ると共に、ご冥福をお祈りいたします。
やまと学校の亡くなった子
前にテレビに出てた子だよね( ´ ;ω; ` )
福岡県柳川市にある国内唯一のボートレーサー養成機関「やまと学校」で、訓練生の水城佑理さん(19)が模擬レース中、ボート同士の衝突で水面に投げ出され亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。
「やまと学校」で女子訓練生が模擬レース中の事故で死亡

ボートレーサーって
命掛けて乗ってる仕事だし、
本当に1日1日感謝して生きて
練習、本番ボートに乗る時
常真剣に乗らないと
いけないと改めて思った。

ショックすぎる…

昨日まで定訓でいたやまと学校
すれ違ったときに挨拶してくれた子かもしれない
悲しすぎる
心よりお悔やみ申し上げます。

やまと学校の事故死のニュース・・・複雑だなあ。どうあれ、競艇選手になるにはあそこを通らなければならない。
選手が事故で死亡した時は弔慰金が相当額出るけど、訓練生の場合はどうなるんだろう・・・・。

ボートレーサー訓練生が衝突死 福岡の養成学校

 19日午前10時35分ごろ、福岡県柳川市にある国内唯一のボートレーサー養成機関「やまと学校」で、訓練生の水城佑理さん(19)が模擬レース中、ボート同士の衝突で水面に投げ出され、約8時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 県警柳川署や学校によると、当時は6艇が模擬レースの訓練中で、水城さんのボートが前のボートと接触して失速し、後続のボートと衝突したという。署は業務上過失致死の疑いも視野に調べている。

 学校を運営する日本モーターボート競走会によると、同校での死亡事故は初めて。同会は「心より深くお悔やみ申し上げます。事故の未然防止に努めてまいります」とコメントした。

ヤフーニュース(5月20日(金)0時26分配信)

福岡県柳川市大和町「やまと学校」施設概要

やまと学校(やまとがっこう)は、福岡県柳川市大和町にある競艇選手を養成するために日本モーターボート競走会(全国モーターボート競走会連合会)が設置した養成所である。研修期間は1年間(かつては1年半だった)。現在の校長は元選手の植木通彦。

やまと学校で過去に起きた事件など
 2007年3月26日、元・101期選手養成員(訓練生)の男性(20歳)が、同年1月12日にやまと競艇学校(当時)寮内の自室で、同期生2人から右膝を蹴られるなどし、外傷性関節炎を負わされたとして、福岡県警察柳川警察署に被害届を提出した。そのことが、同月29日の西日本新聞(夕刊)、朝日新聞西日本版(同)で報じられた。その際、朝日新聞西日本版記事には「校内ではいじめや暴力が蔓延している」とする男性の証言が記載された。なお、その後、加害訓練生はいずれも不処分となり、同年9月22日に選手登録しデビューしている。

入学資格
 2008年8月1日から始まる募集より、入学資格が大幅に変更された[6]。この変更により、入学資格の年齢が15歳以上30歳未満(従来は14歳以上21歳未満)になるなど門戸が拡大された。また、特定のスポーツ(アマチュアモーターボート競走、体操、ボクシング、スキーなど)で実績のある者を対象とした特別試験枠も設定された。この制度の利用した一例として、2013年に入学した元プロサッカー選手の朴康造が一例である(怪我により自主退学)。

参考として、資格改定以前までの入学資格を記す。
1.14歳以上21歳未満の男女(ただし中卒以上)
2.身長 172cm以下
3.体重 男子: 47kg以上で55kg以下、女子: 42kg以上で50kg以下
4.裸眼(眼鏡・コンタクトレンズによる矯正は不可)で両眼とも0.8以上
5.血圧 収縮期 150mmHg以下、拡張期 90mmHg以下
6.視覚障害、眼筋平衡機能障害のないこと
7.聴打診で重度の異常が認められないこと

ウィキペディア(やまと学校の項目)

やまと学校119期の訓練生 水城佑理さんの死亡事故「テレビ特集で見て知った」という方も

やまと学校で死亡事故か・・乗り上げたほうはもう乗れないだろうな。
ターンマーク付近で転覆したんだろうけど目の前で転覆したら絶対避けれん。
A1でさえ無理なんだからB2以下は無理よ。
悲しい事故だ

少し前にモーターボートの「やまと学校」の話をテレビで見たが、題材になった119期生で事故死が発生してしまったようだね。厳しくなければいけないのは分かるが、もう少し余暇の時間を与え、訓練生の心のコントロールも考えてあげてほしいと思った。悩んでの訓練は危険だと思った

やまと学校死亡事故…。😣

やまと学校訓練生死亡事故は訓練中、模擬競走中の死亡事故は残念の一言だよ。

ここ15年くらいか?#やまと学校 を出た最近の若手はダンプと切り返しばかりだったし、必然的な事故に思う。
陸で厳しくても、水の上は無法地帯だったのかな?#ボートレース #BOATRACE

外回って飛ぶのが怖いのか、落として差す、内から突っ込むしかできないのが今の若手。

状況が分からんけん、プロでも女子相手だと強気になってダンプを仕掛ける下手な男子はいるし。
失速とすら書いてないくらいだから、悪質なダンプかもなぁ。
やまとに移ってから、1周1Mは落として差すこと
しかできず、道中はダンプと切り返しばかりの選手が増えたもんな。#やまと学校

やまと学校で死亡事故。
訓練生でか…残念

やまと学校で死亡事故起きてる…

競艇選手を育成する やまと学校で死亡事故が起きたのか 哀しいな(´;ω;`)

やまと学校で訓練中事故あったんだ…
訓練であってもプロのレースであっても志半ばで尊い命が消えてしまうのはとても悲しい
お悔やみ申し上げます

やまと学校で訓練生が亡くなった。
訓練中の死亡事故は初めてらしい。
亡くなった女子訓練生のボートに他のボートが衝突。
スパルタで有名な学校ではあるが、死人が出たのはまずいね。

まだ2ch情報なので確証はないがやまと学校の訓練中の死亡事故で亡くなったのは在校中1位の女子訓練生だったらしい…
(何かあっったら削除します)

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私の幼馴染みです、詳しい情報ありがとうございました

Return Top