林檎舎ニュース

投稿日:2016/04/01

【訃報】イギリス建築家ザハハディド氏死去・死亡原因は心臓麻痺:2020年新国立競技場の初期デザイン担当

【訃報】イギリス建築家ザハハディド氏死去・死亡原因は心臓麻痺:2020年新国立競技場の初期デザイン担当

訃報です。英BBCの速報でイギリスの建築家で日本の新国立競技場の初期デザイン(当初案)を手掛けたザハ・ハディド氏が3月31日に死去しました。アメリカフロリダ州・マイアミ病院で心臓発作のためと報じられています。ハディド氏は65歳でした。

新国立競技場のデザイン問題で日本国内は大きく揺れたものの、新デザインに決定しており、2020年オリンピック・パラリンピックの開催には問題がないと言われています。

建築家ザハ・ハディド氏死去 | 2016年4月1日(金) – Yahoo!ニュース http://news.yahoo.co.jp/pickup/6196343
#Yahooニュース
#ザハハディド
#ザハ・ハディド
#新国立
#新国立競技場
#東京オリンピック
#東京五輪
ザハハディドさん死去はさすがにびっくり。新国立ザハ案がよかったのに。
ザハハディドさん亡くなってたのか
東京オリンピックにか変わると悪いことばかりおこるなぁ
ほんとなんか呪われてるんかな〜〜

ザハ・ハディド氏死去=新国立当初案手掛ける

 【ロンドン時事】英BBC放送によると、2020年の東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の当初案を手掛けた英国の建築家ザハ・ハディド氏が31日、米フロリダ州マイアミの病院で心臓発作のため死去した。65歳だった。

 イラクの首都バグダッド出身。新国立競技場の整備で当初、ハディド氏のデザイン案が採用されたが、建設費が予定より大幅に膨らんだことなどから白紙撤回された。その後、大成建設や建築家の隈研吾氏らによる案が採用されると、ハディド氏の建築事務所は同案が当初案と顕著な類似があると批判していた。 

【参照】ヤフーニュース

英国建築家「ザハ・ハディド」氏が死去 米フロリダ州マイアの病院で心臓発作で亡くなる

関連記事

更新情報をSNSで配信しています!
「林檎舎ニュース」アカウントのツイッターフォロー・Facebookページに
【いいね!】お願いします!
Return Top